− GIYA Section−


 このコーナーはAC2の活動の一部をご紹介します 



VIVID AUDIO

Original Nautilus
Revolution

G1 GIYA

ARCTIC SILVER


右手前は B&W オリジナル・ノーチラス U/MR・ユニット




各種ユニット 展示中



VIVID AUDIO
G1 GIYA(ギヤ)



GIYA 専用高性能
各ドライバーユニット



D26 Hign Frequency UNIT に
チューブアブソーバーを連結


D50 Mid Frequency UNIT に
チューブアブソーバーを連結


C125S Mid-Bass UNIT
(GIYA専用スペシャルチューニング仕様)


C225 Bass UNIT
(GIYA専用スペシャルチューニング仕様)



C135 Bass UNIT(G3 GIYA用)
(GIYA専用スペシャルチューニング仕様)



常時展示していますので、

何時でも御覧になれます。



VIVID AUDIO
整備中のG1 GIYA



左側から
オイスターグレー、ボローロレッド、
グラファイトブラック、パールホワイト、
アークティックシルバー、サハラベージュ


VIVID AUDIO
G1 GIYA


VIVID COLOR






VIVID AUDIO
G1 GIYA




VIVID COLOR SPECIAL

















VIVID AUDIO
G1 GIYA スケルトンパネル











G1 GIYA
Laurence Dickie



VIVID AUDIO

続々と入荷!

オーダー G1-GIYA


詳細はこちら













VIVID AUDIO

G1 GIYA

Borollo Red



インストール前の事前検査






チェックの様子



VIVID AUDIO

G1 GIYA  続報

長い間、お待たせ致しました・・・!


詳細はこちら






防音設備の施された
約20畳のオーディオ専用ROOMのS邸。

国内初導入のG1-GIYA


今までB&W フラッグシップ大型SPを
長らく愛用されていたが
「よりリアルな生々しい迫力を・・!」と言う要望を叶える為、
以前より待ち望んでいたGIYAをインストール!


オリジナルノーチラスそのままに、
透明であくまでナチュラルそのものだが、
さらにパワーUP、スケールUPが図られ、
ワイドレンジ化されている。


正確無比の位相特性・圧倒的な
低共振と超低歪率はSPの存在をも消してしまう。


グラミー賞 ヴォーカリストの
JANIS IAN のCDをかける・・!


以前、ライブ会場で実際体験した
ステージそのものが、
何と目の前にリアルに現れた・・!


詳細はこちら




VIVID AUDIO

G1 GIYA

ユーザーオーダー分
続々と入荷


詳細はこちら


                  ボローロ・レッド・カラー

G1 GIYA


B&W 当時 オリジナル・ノーチラスを設計した、
鬼才ローレンス・ディッキー


新天地ビビッド・オーディオで自らの高い理想を掲げ、
開発設計し、真のフラッグシップモデル
G1 GIYA(ギヤ)を遂に完成させた!


全て自社開発、内製化の拘りのドライバーユニット!


4ウェイ・5スピーカー構成の
オールアルミマグネシウム合金(※)・メタルダイアフラム
(※ 5,056系 Al-Mg系合金 航空機用)

ツイーター・ミッドレンジ・ミッドベース・ベース・
全てチューブアブソーバーテクノロジー採用!


キャビネットはF1・ハイテクヨットと同じ
ケブラーとカーボン繊維を混ぜた
特殊な強化樹脂材を採用し、他に例の無い高剛性設計!


オリジナル・ノーチラスのようにマルチアンプ方式でなく、
パッシブネットワークを内蔵した
バイワイヤリング仕様方式なので
従来のシングルアンプで、そのまま鳴らせる!


音のイメージはオリジナル・ノーチラスに
そのまま筋肉を付け、
さらにスケールを大きくした感じそのもので
正確無比の音像定位・音色表現・圧倒的な情報量と
想像を遥かに超えた異次元のリアルサウンドである・・・!


ロバート・トゥルンツ氏、個人の言葉に
「このギヤは、今までのような3次元の音でなく、
まるで4次元の世界を体験させてくれるスピーカーである!」と・・・・
おそらくスピーカーの歴史に名を残すであろう
素晴らしいスピーカーの誕生である!