【ステレオファイル誌記事から抜粋】

Text By Mr.Wes Phillips(ウェス・フィリップス )
*****************************************


G1 GIYAはダイナミックで、オープンで、リッチで、そして鮮やかだ。

しかしこれは音の出し始めの印象で、1時間もしてアンプが暖まってくると、その印象は一層確固としたものになった。


一緒に試聴していたPhilip O'Hanlon(VIVID audioのアメリカの輸入元)がボリュームをどんどん上げていった。

100dBは出ていたと思うが、それでもG1 GIYAは極めて高いレベルで透明感と音像フォーカスを保っていた。


これほどまでに大ボリュームでも透明感とナチュラルさを失わないG1のパフォーマンスには脱帽した。

リスニングルームのキャパシティを超えるのではないかというほど大きなボリュームでも、頭打ちになることがない。

生のアコースティック音楽にはダイナミクスの制限などないが、まさにG1は底なしのダイナミクスを持っている。

しかも不思議なほど生命感に満ち溢れているのだ。


音場は広大で、サウンドステージが左右の壁いっぱい、そして床から天井まで広がる。

スピーカーの後ろ、奥の壁を遥かに超える位置に音像がぴたりと定位する。

今までに試聴したスピーカーで、これほど音響空間にすっぽり包まれる経験をしたのは初めてだ。


私はG1 GIYAの2倍、あるいは3倍の価格のスピーカーも数多く聴いてきたが、G1の方が優れているポイントは多い。

G1は全てにおいてクオリティが高いのだ。

ホログラフィックに定位する音像定位、無限のダイナミックレンジ、そして何より、数値化できない豊かな音楽性。


G1 GIYAは私が今まで聴いたスピーカーのなかで、最高のものといってよい。

そしてG1の音は私のこれからのリファレンスとなるだろう。

このスピーカーを買える人も買えない人も、ハイエンドオーディオをやっている人ならば一度は聴くべきだ。


*****************************************



また、ウェス・フィリップス氏の自宅試聴室で

G1 GIYAを測定した結果も掲載されていましたが(上図赤線)、

部屋の影響で20Hz、100Hz近辺が持ち上がっているのを除けば、

教科書どおりといってよい、非常に理想的な周波数特性を持っていることがわかります。


※上図青線は、比較に使用したTheil CS3.7の周波数特性