PRECISION STEREO PRE Amplifier

 
Accuphase  C-3900

希望小売価格:1,900,000円/税別
   

W477×H156×D412o、 24.6kg



C-3900は、

創立50周年記念モデル第2弾として、

今までのプリアンプのノウハウ全てを受け継ぎ、

プリアンプの最上位モデルとして誕生しました。

 

アキュフェーズ伝統の技に、

回路・機構面とも先進のクオリティと 最新テクノロジーを結集、

世界最高レベルの性能と音質を実現し、音楽情報の全てを描き出します。

 

C-3900は、

C-3850をフルモデルチェンジ、

新たにDual Balanced AAVA(Lch/Rch正負合計8回路のAAVA)を搭載し、

入力から出力まで全ての増幅回路を並列動作させることになり、

C-3850に比べ、ノイズレベルは約30%減少し、

更なる低雑音化と音質の向上を実現しました。

 

 

入力端子から出力端子まで全信号系がバランス構成、

高精度と低雑音を両立した

ANCC:Accuphase Noise and distortion Cancelling Circuit採用の

IV変換アンプなど、全回路の完成度を高めて一新、

SN比や、ひずみ率などの諸特性を大幅に向上させ、

より高純度の信号伝送が可能となっています。

 

 

本機の主なアンプ回路は、

入力バッファー、AAVA、バランス出力、ヘッドホンアンプなどの

左右合計16ユニットアンプ群で構成されています。

各ユニットアンプは、ガラヅエポキシ基材のマザーボード上に、

左右独立構成で配置しました。

 

これらのユニットアンプは、

相互干渉しないように8mm厚の硬質アルミによる

フレーム構造により強固に保持され、

電気的干渉、物理的振動を抑制しています。

 

 

ボリューム・ノブの回転角を検出する役割を担うのが

ボリューム・センサー機構です。

このボリューム・センサー機構を自社開発、

アルミブロックを超精密加工で削り出すことにより、

滑らかな動作、重厚な操作感、緻密な位置検出を実現しています。

 

リモート・コマンダー操作時には、

モーターが歯車を介してノブを回転させます。

一般的な歯車は回転時にかみ合い音が発生しますが、

このボリューム・センサー機構では、

常に一定の圧力を保ちながら歯車がかみ合うように工夫されているため、

静かで快適な音量調整が可能です。

 

 

電源トランスに、

放熱フィン付き鋳造アルミケース入りの

高効率トロイダル・トランスを2個採用しました。

また、フィルター用アルミ電解コンデンサーには、

新規開発による10,000μFの大容量・高音質タイプを12個搭載、

これを2ブロックにして左右を独立させ、

電源トランスとともにモノフォニック仕様の余裕ある電源部を構成しました。

 

同時に左右チャンネルの配置を分離、

更に全ユニットアンプに低インピーダンス電源を搭載し、

アンプ間の相互干渉を徹底的に防止し、

電気的特性や音質の向上を可能にしました。

 

入力端子は、

RCAラインが6系統、バランスが4系統、

レコーダーPLAYが1系統の合計11系統です。

出力端子は、

RCAラインが2系統、バランスが2系統、

レコーダーRECが1系統の合計5系統です。

 

デザインは、

上質で飽きのこないシャンパン・ゴールドのパネルケースと、

美しい木目も材料を厳選、 匠の技で鏡面仕上げを施した

自然木本木目のウッドケースに本体を収納し、

優美で重厚な雰囲気を醸し出しています。








PRECISION STEREO PRE Amplifier


Accuphase 「C-2850」

希望小売価格:1
280,000円/税別
   

W477 × H156 × D412mm、 24.5kg

C-2800シリーズを一新、
伝統と匠の技による洗練と進化を遂げた

新世代のプリアンプ。



革新的な技術と、

理想的なコンストラクションのもと、

選び抜かれた最高の部品を採用し、

余裕のある動作によって信頼性を

極限まで高め、熟練者の手によって、

一台一台丁寧に創り上げられた

C-2850は、ハイエンドオーディオの

特別な世界を心ゆくまで

堪能することができます。

 

専用フォノ イコライザー・ユニット 「AD-2850」

希望小売価格:220,000円/税別

AD-2850は、

MC/MM それぞれのカートリッジにマッチした

専用入力回路を備え、

極限のSN比を実現しました。

 

フォノイコライザーアンプは、左右独立のモノ仕様。





<主な特長>

◆.  AAVA方式 ボリュームコントロール搭載。

     理想の音量調整を追及したAAVA(Accuphase Analog Vari-gain Amplifier)方式ボリューム・コントロールは、 低雑音と静粛性を一層向上し、極上の感触と比類のない性能を実現しています。

    AAVAは、入力した音楽信号を16種類の重み付けされた電流に変換し、ボリュームノブの位置に応じて16種類の電流を組み合わせて 音量を決めます。これらの電流の合成が、音楽信号の大きさを変える音量調整回路となります。



◆.プリント基板に低誘電率・低損失の「ガラス布フッ素樹脂基材」を採用し銅箔面には金プレートを施しています。

     

     信号伝達回路には、非常に高価な<ガラス布フッ素樹脂基材>による プリント基板を採用しています。  

     この材料は、非常に低い誘電率と誘電正接をもち、高周波特性に優れ、耐熱性も良いので、主にマイクロ波と呼ばれるSHF帯を使用する衛星放送や高精度計測機器などに使われます。

    プリント基板の基材は、特に誘電率等が重要です。 誘電率が低いほど信号の伝播速度は速くなり、誘電正接が小さいほど伝播損失が小さくなります。

    本機では銅箔面に金プレートを施し、さらに信頼性や音質の向上を図っています。

     

◆. 極上の感触にこだわった、高精度・高剛性の
   ボリュームセンサー機構。


     パネル面のボリューム・ノブを回して音量レベルのポジションを検出、重み付けしたアンプを 組み合わせて、音量を調整します。

    この「ボリューム機構」は、アルミブロックを削り出して精密かつ重量級に仕上げて極上の感触にこだわり、 ノブ回転時の質感・フィーリングを練り上げ、精度もより緻密な位置検出が可能となりました。

    また、この「ボリュームセンサー機構」は、インシュレーターを使用したフローティング構造に なっており、リモートコマンダー操作時のモーター振動の静粛性を向上されています。

 

 

◆.モノ・コンストラクション構成。

     内部の構造・配置的に左右チャンネルを分離。

    8mm厚の硬質アルミによる フレーム構造により強固に固定され、
    アンプ間の相互干渉を徹底的に防止し、
    電気的特性や音質の 向上を可能にしました。
     

 



◆.左右独立の理想電源。

      電源回路はエネルギー減であると同時に、音質に大きな影響を与えます。

    電源トランスは新開発の放熱フィン付き鋳造アルミケース入りの高効率トロイダル・トランスを 2個採用。

    フィルター用アルミ電解コンデンサーは、特注による大容量・高音質タイプを 4個搭載し強力な電源部を構成しています。



◆. 文字表示が可能な合計10系統の入力端子と
   5系統の出力端子。


     プログラムソースの多様化に備えて、豊富な入出力端子を装備。


◆. 入力とレベル・ディスプレイ表示のON/OFFが可能。

     

◆. バランス接続の極性を合わせる「PHASE」機能。

     バランス接続を含む入力機器あるいは出力機器との位相の違いを合わせることができる 「PHASE」ボタンを装備しています。



◆.入力毎に位相設定が可能。

     入力セレクター、レコーダーなど全ての入力に位相の設定を記憶できます。 



◆.超低域ノイズをカットする「サブソニックフィルター」

     


◆.聴感特性を補う3段階のコンペンセーター機能。

     

 

◆.3段階のゲイン切替機能。

     全体の利得を<12dB、18dB、24dB>の3種類から選択することができます。

 

◆. 音質重視の専用ヘッドフォーン・アンプ回路を内蔵。


◆. 外部プリアンプとの切替ができる「EXT PRE」機能。

     OUTPUTスイッチで「EXT PRE」ポジションに切り替えて
    システムの接続を活用することができます。


 























Accuphase E-460

STEREO POWER AMPLIFIER
P−7300 希望小売価格
1,200,000円(税別)

W465×H238×W515mm、48.6kg



P−7300モデルは、
40周年記念モデル A−200、
モノフォニック・パワーアンプ M−6200などの
最新設計テクノロジーを惜しみなく投入した
最高峰AB級ステレオ・パワーアンプです。


インスツルメンテーション・アンプ方式による
フルバランス化、さらに入力電圧増幅段に
ディスクリート構成の低雑音アンプを採用し、
入力電圧増幅段と電力増幅段のゲイン配分を
最適化することにより、P−7100に比べ
飛躍的な低雑音化を図りました。


出力回路はバイポーラ・パワートランジスタを
片チャンネル当たり10パラレル・プッシュプル駆動とし、
筐体の外部左右に取り付けた大型ヒートシンクにより
放熱効果を高めて安定した動作を確保しています。


放熱性と防振性の高い
アルミ・ダイカスト製のケースに収納された
高効率型大容量トロイダル・トランスと、

振動に強い構造を持つ特殊内部構造の
大容量フィルター・コンデンサーで構成された
強力な電源部により、

8Ω/125W、1Ω/800W(音楽信号)を
実現しました。







MONOPHONIC Power Amplifier 

 
Accuphase  M-6200

希望小売価格:900,000円/税別
   

M-6200は、
純A級モノフォニック パワーアンプ
A-200の優れたノウハウを受け継ぎ、
M-6000の後継モデルとして誕生しました。

M-6200は、2台の同一回路による
パワーアンプ ・ユニットの並列動作を継承し、
さらに大幅な低雑音化と、
ダンピングファクターの向上を達成しました。


 



<主な特長>

◆.  1200W/1Ω(音楽信号)、600W/2Ω、300W/4Ω、
    150W/8Ωのリニアパワーを実現。


     本機の電力増幅段は、オーディオ用に開発された高性能の
    「ハイパワー・トランジスタ」をそれぞれ、8パラレル接続したパワー・ユニット構成で、この同一回路の2台のパワーアンプ・ユニットを筐体の左右に配置して並列駆動、合計で16パラレル構成とし、電気的な特性や質量バランス及び、左右の放熱対策等で理想的なバランスを作り上げています。


     この並列動作を実現させたのは、A-200をはじめ
    歴代モノフォニック・パワーアンプで培ってきた高度な設計テクノロジーです。
    この技術により、左右に配置されたヒートシンクのアンバランスな温度上昇も、
    複雑な制御の必要がなくバランスをとることができます。


     そして、Pc(コレクター損失)が150Wのハイパワー・トランジスター16組を
    並列駆動することによって総コレクター損失は4800Wに達し、1ペアー当たりのパワーの負担を軽くすることができ、直線性の優れた小電力領域を効率よく使うことができます。

    また常時流れている電流も1/16になり、回路全体の安全度が大変高くなっています。

    発熱処理は、アルミダイキャストによる巨大ヒートシンクを装備、
    効率的な放熱処理を行っています。

    この余裕度の結果、
    1Ωで超低負荷で1200W、600W/2Ω、300W/4Ω、150W/8Ωと
    超低インピーダンス負荷まで安定したリニアパワーを保証します。

    また、リアクタンス成分を含んだ負荷駆動能力にも優れた威力を発揮します。




◆.信号経路は、ディスクリート構成の超低雑音
   インスツルメンテーション方式を導入しフルバランス伝送化

     M-6200は、最新の超低雑音「インスツルメンテーション・アンプ」を導入しました。
    この方式は、信号入力段を含めたパワーアンプ全体で、バランス・アンプを構成しており、入力端子からのアンプ内部の信号経路をフルバランス伝送化しています。

    このため、機器内で発生する雑音を除去する能力や、低ひずみ率などの諸特性に優れているだけでなく、周囲の環境変化に非常に強く、パワーアンプとしての安定度、信頼性が飛躍的に向上しています。


     

◆. 残留ノイズも減少、4段階のゲインコントロールが可能。

     インスツルメンテーション・アンプ方式の初段増幅部で利得を切り替え、ゲイン量をコントロールするため、位相の乱れが少なく、パワーアンプ段の安定度がほとんど損なわれないゲイン・コントロール(-12dB、-6dB、-3dB、MAX)の
    4段階が可能です。

    この方式では、増幅部のゲインを下げるとノイズ成分も同時に下がりますから、
    高能率スピーカーを使用する場合や、マルチアンプ・システムで、
    中・高域スピーカーの駆動用として使用するなど、
    残留ノイズが気になる場合のノイズ低減に大きな威力を発揮します。




◆.高域の位相特性に優れた、カレント・フィードバック増幅回路の採用。

     インスツルメンテーション・アンプを構成する入力アンプおよびパワーアンプ部に、出力信号を電流の形で帰還するカレント・フィードバック増幅回路を採用しました。

    帰還入力部分のインピーダンスが極めて低いので、位相回転が発生しにくく、
    その結果位相補償の必要は殆どありません。

    このように、少量のNFBで諸特性を大幅に改善できるため、立ち上がり等の
    動特性に優れ、音質面でも自然なエネルギー応答を得ることができます。


     

◆.増幅部は、「MCS+」回路を搭載してS/N比を大幅に改善。

      増幅回路の入力部には、アキュフェーズ独自の
    「MCS+(Multiple Circuit Summing-up)」回路を採用しました。

     回路内もカスコード・ドライブ回路など高度な回路をふんだんに投入、
    各パーツの役割分担を明確にし、無理のない安定した性能を引き出しています。



◆. ドライブ段に安定化電源を採用、高安定動作を実現。

     MCS+回路および、ドライブ回路前段に直流安定化電源を搭載しました。
    入力部に電源を通してノイズが混入しないように、
    前段回路の電源を一定電圧で固定します。

     これにより、小信号増幅部における電源の質が改善され、
    高S/N比を実現しました。

     さらに、電源変動や温度変化に対しても、安定した出力が得られ、
    高安定動作を約束します。



◆. プリント基板に、低誘導率・低損失のガラス布フッ素樹脂基材を採用。

     パワーアンプ段には、非常に高価な
    ガラス布フッ素樹脂基材によるプリント基板を採用しました。

    この材料は、非常に低い比誘電率と誘電正接をもち、高周波特性に優れ、
    耐熱性も良いので、主にSHF帯を使用する衛星放送や
    高精度計測機器などに使われます。

    プリント基板は、必ず誘電率・誘電正接を持つ誘電体です。
    誘電率が低いほど信号の伝搬速度は速くなり、
    誘電正接が小さいほど伝送損失が小さくなります。

    本機では銅箔面に金プレートを施し、さらに音質の向上を図っています。



◆. 信号経路の主要部品類を金プレート化。

     信号が通過する部品類は、通常純度の高い銅が用いられています。
    本機では、この上に金によるプレート化を行いました。

    プリント基板銅箔面はもちろんのこと、大きなリップル電流が流れるアース板、
    入力端子、スピーカー端子など徹底した音質の向上を図りました。

    特に使用頻度の高い入力端子は、通常の金プレートに比べて約10倍の
    厚みを持たせた産業機器用処理を施すなど一層の信頼性向上に対処しています。



◆.2台使用してブリッジ接続が可能。

    ブリッジ接続の原理は、1台目のアンプに正相、もう一方に逆相の信号を入力し、
    両アンプの出力端にスピーカーを接続することにより、4倍の出力を得ることができます。

    ブリッジ接続時の出力:2400W/2Ω、1200W/4Ω、600W/8Ωの大出力。

    位相切り替えは、入力部の極性を使用するシンプルで純粋な回路で構成。

    入力はバランス/ラインどちらでも可能。

    入力のバランス/ライン端子を2系統装備し、1系統は送り出しに使用可能。

    ※ステレオで使用するにはM-6200が、4台必要となります。




◆.プロテクション回路に無接点素子「MOSFETスイッチ」を採用。

     アンプに異常動作時等にスピーカーを保護する為、
    一般的に機械式接点の「出力リレー」が使用されます。

    本機では、<低ON抵抗>の産業用「パワーMOSFET」による、
    無接点「半導体スイッチ」を採用しました。

    「半導体(MOSFET)スイッチ」は接点が存在しないため接点不良がなく、
    長期信頼性に優れ、一層の音質向上が期待できます。



◆.ダンピングファクター:1000 以上を保証。

     アンプ回路やNFB経路等の見直しにより、アンプの出力インピーダンスを
    さらに小さくして、ダンピングファクター(DF)を大幅に向上させ、
    従来比2倍の1000以上を保証、一層の音質向上に寄与しています。

    DFの数値が大きいほど、アンプがスピーカーをコントロールする能力が高く、
    振動系の重い鳴りにくいスピーカーも振動系が軽く鳴りすぎる
    スピーカーも正確に駆動することができます。

    また、アンプの出力インピーダンスが小さいほど、
    スピーカーからの逆起電力を吸収して不要な振動を抑えることができます。

 

◆.リモート・センジシング

     スピーカー端子の直近から、信号とGNDの両方をバランスで帰還をかけることにより、低インピーダンス化し、ダンピングファクターの向上を図っています。



◆. 出力回路に、エッジワイズ・コイルを採用。

     出力回路のコイルには、線材の断面が円ではなく、四角の特殊な銅線を使用し、隣り合う線材同士を密着して巻くことができるエッジワイズ・コイルを採用しました。

    この銅線の断面積は2mm×5mmという極太で、従来の巻き線に比べて約3倍以上の断面積があるため、直流抵抗が低く、ダンピングファクターの向上に寄与しています。





◆. 外来誘導雑音を受けにくいバランス接続。

     機器間の信号ケーブルから混入する妨害雑音に対処するため、
    本格的なバランス入力を設けました。

    機器間を接続するケーブルが長くなるほど、外来雑音によって信号が妨害され
    音質に影響を与えます。バランス接続により、この妨害からフリーになり、
    良質な信号伝送が可能になります。

    本機のバランス入力は、入力回路のノン・インバート(+)と
    インバート(-)入力へそのまま信号を注入する、最も理想的な構成です。




◆. 高効率大型トロイダル・トランスと大容量フィルターコンデンサー
    による強力電源部を構成。

     全ての電力の供給源である電源部は、パワーアンプにとって
    エネルギーの源となる重要な部分です。


    大電力容量の大型トロイダル型トランスを採用。

    熱伝導に優れ、防振効果の高い充填材を用いて、高効率放熱構造の
    アルミケース内に固着、外部への影響を遮断。

    トロイダル・トランスは、ドーナツ状のコアに太い銅線を巻く為、
    非常にインピーダンスが低く、小型で変換効率が極めて高くなります。

    整流器を通過した脈流を直流に変換するアルミ電解コンデンサーには、
    音質を重視した48,000μF の超大容量を2個搭載、絶大な余裕度を誇ります。





◆. ピーク値のホールドが可能、パワー値を直読するアナログ式
   大型パワーメーター。

    モニターに便利なアナログ式の大型パワーメーターを装備しました。
    時々刻々変化する信号のピーク値を補足し、対数圧縮により広いパワーレンジを直読することができます。

    また、ピーク値をホールドすることができ、ホールド・タイムは
    <3sec、∞>の切り替えが可能です。

    さらに、メーターの動作と照明をON/OFFするスイッチも装備しました。


 

◆.バランス入力の極性の違いに対応する位相切り替えスイッチを装備。

     リアパネル側の位相切替スイッチで、バランス入力の2番と3番の切り替えが
    簡単にでき、極性の違いに対応します。 通常は3番で使用します。





◆.大型スピーカー端子を装備。

     非常に太いスピーカーケーブルにも対応できる、超大型スピーカー端子を装備しました。素材は、真鍮無垢材を削り出して金プレート化し、
    その上に絶縁目的のモールド・キャップを被せました。

    2組の端子は並列に接続され、バイワイヤリング接続に使用します。
    どの端子でも容易にケーブルを取りつけられるように配線の差し込み方向を
    垂直から斜め方向(27°)にして、上下どちらからも差し込むことができます。

    インピーダンスが、2〜16Ωのスピーカーを使用して下さい。

    ブリッジ接続のときはインピーダンスが、4〜16Ωのスピーカーを使用して下さい。


  


 
< M-6200 主な仕様 >
保証特性はEIA測定法RS-490に準ずる
定格連続平均出力
(20-20kHz間)

 
1200W/ch 1Ω負荷(音楽信号に限る)
600W/ch 2Ω負荷
300W/ch 4Ω負荷
150W/ch 8Ω負荷


ブリッジ接続(2台使用)
2400W/ch 2Ω負荷(音楽信号に限る)
1200W/ch 4Ω負荷
600W/ch 8Ω負荷

全高調波ひずみ率
0.05% 2Ω負荷
0.03% 4〜16Ω負荷

IMひずみ率
0.01% 

周波数特性

(定格連続平均出力時)
20〜20kHz、 +0 -0.2dB


(1W出力時)
0.5〜160kHz、 +0 -3.0dB

ダンピングファクター
1000


入力感度(8Ω負荷)、
入力インピーダンス


1.38V(定格連続平均出力時)
0.11V(1W出力時)

40kΩ(バランス)
20kΩ(ライン)

ゲイン切替
-12dB、-6dB、-3dB、MAX

ゲイン
28.0dB(GAINスイッチMAX時)

S/N
(A補正、入力ショート)

127dB(GAINスイッチMAX)
133dB(GAINスイッチ -12dB)

定格連続平均出力時

出力メーター
-40dB 〜 +3dB(dB/%表示)
対数圧縮型
表示消灯機能
ピーク値のホールドタイム
切り替え:3秒、∞

負荷インピーダンス
2〜16Ω(連続出力仕様時)
1〜16Ω(音楽信号時)

音楽信号に限り、ノーマル仕様時1Ωと、
ブリッジ接続時2Ω負荷可能。

電源
AC100V 50/60Hz

消費電力
100W(無入力時)
575W(電気用品安全法)
346W(8Ω負荷定格出力時)

最大外形寸法
W465×H220×D499mm

質量
40.2kg


※製品の仕様、規格および外観は改良のため予告なく変更する場合があります。








 



プレシジョン・ステレオ・コントロールセンター

「C-2450」

価格:750,000円(税別)


W465×H150×D409mm、19kg






C-2450は、上級機で培った



AAVA方式ボリューム・コントロール技術を受け継ぎ、
さらに一層の磨きをかけ、
さらに進化しS/N比が向上、



静かになったボリューム回転機構は
快適なリスニング環境を確保します。



また、
コントロール・センターに相応しく、
多彩な機能に加え、
トーン・コントロール回路による
音質調整機能を装備、
高音質フィルターコンデンサーを開発し

電源部の強化など、
個々のパーツ・全回路の完成度を
高めて信頼性・操作性を向上させ、
SN比やひずみ率などの諸特性を改善、
より高純度の信号伝送が可能となりました。


トッププレートには、厚手のアルミ材を採用して
アルマイト・ヘアライン処理、
高品位・スマートなデザインに
仕上げました。




さらに、
C-2450のオプション・スロットへは、
C-2850で開発された
「フォノイコライザーユニット AD-2850」を増設でき、
アナログ・レコードの高品位な演奏が可能です。




電源部は、C-2450専用に
音質のチューニングを行ったカスタムタイプで、
10000μFという大容量・高音質の
フィルター用アルミ電解コンデンサーを
4個搭載、

電源トランスともに左右を独立させた
モノ・コンストラクションで余裕ある
強力な電源部を構成しています。




同時に内部の構造・配置的にも
左右チャンネルを分離、アンプ間の
相互干渉を徹底的に防止し、
電気的特性や音質の向上を可能にしました。



プリアンプのゲインを(12dB、18dB、24dB)選択可能。


音質重視の専用ヘッドホンアンプ回路を搭載。
出力レベルを2段階(+10dB)に切り替えるスイッチを装備。


外部プリアンプとの切替ができる「EXT PRE」機能。

低域の量感不足を補うコンペンセーター機能。

合計10系統の入力端子、5系統の出力端子。




主なアンプ回路は、
入力バッファー、AAVA、
バランス出力、ヘッドホンアンプ等、
左右合計6ユニット・アンプ群で構成されています。

各ユニット・アンプは、
ガラス基材のマザーボード上に、
左右完全に独立構成で配置しました。

これらのユニット・アンプは、
相互干渉しないように強固なフレーム構造により、
しっかり保持され、
電気的干渉、物理的振動を抑制しています。


















 

 






STEREO CONTROL CENTER
C-2150希望小売価格
500,000円(税別)

W465×H150×W405mm、16.9kg


C-2150は、

上級プリアンプ機のノウハウを導入して

C-2120をフルモデルチェンジ。

C-2100シリーズの最新モデルとして誕生しました。

 

より進化したAAVA方式ボリュームコントロールを搭載。

更に、主アンプのノイズとひずみを副アンプで打ち消す新回路ANCC

(Accuphase Noise and Distortion Cancelling Circuit)を加え、

低ひずみ率、低雑音化を達成、

一層の性能向上に貢献しています。

左右それぞれのチャンネル用に大型の電源トランスを搭載。

C-2150用として開発した4700μFの大容量カスタムタイプの

フィルター用アルミ電解コンデンサーをチャンネルあたり2個ずつ

合計4個搭載することで、安定した電力を供給します。

そしてパーツ全ての徹底した吟味と試聴を繰り返し、

一聴歴然の高品位な音を創りあげました。

 

ライン5系統、バランス2系統、レコーダー入出力1系統の

豊富な入力端子を持ち、 

また、オプション・ボード2種類

「アナログ・ディスク入力ボード AD−50」

「デジタル入力ボードDAC−50」を増設可能です。

 



 











STEREO POWER AMPLIFIER
P-4500希望小売価格
550,000円(税別)

W465×H190×W427mm、29.2kg


P-4500は、

上級機の開発で培ったテクノロジーを惜しみなく投入、

前モデルP-4200の性能や音質を大幅に向上させた

AB級ステレオパワーアンプです。

 

P-4500では、信号経路を全てディスクリート回路で構成し、

信号入力部22dB、電力増幅部6dBという理想的なゲイン配分を実現、

SN比121dB(ゲインMAX時)を達成しました。

放熱効果の高い両サイドの大型ヒートシンクには、

パワートランジスタ 4パラレル・プッシュプル構成の

AB級動作による電力増幅部を搭載し、

90W/8Ω、180W/4Ω、360W/2Ωのリニアなパワーと、

1Ω負荷で500Wの出力(音楽信号)を達成しています。

 

また、ブリッジ接続に切り替えることで、

出力4倍の大出力モノフォニック・パワーアンプへの

アップグレードが可能です。

これらの動作は、大型トロイダル・トランスと

50000μFのフィルターコンデンサーによる強力な電源部が支えます。

接点不良がなく音質の向上が期待できるMOS FETスイッチなど、

特性が優れ信頼性の高い部品を採用し、

基板上の部品のレイアウトや配線パターンの改善により、

インピーダンスを低減し、P-4200の40%アップとなる

ダンピングファクター:700を達成しました。

ボイスコイルで発生する逆起電力を吸収し、

スピーカーのポテンシャルを引き出します。

 

スピーカー端子のショート事故を防ぐため、

過電流が流れると出力を遮断してメーター照明を点滅させて警告する

新たな保護回路を搭載しました。

 

 

 






 



CLASS-A MONOPHONIC POWER AMPLIFIER
A−250希望小売価格
1,250,000円(税別)

W465×H238×W514mm、46kg


A250は、

A-200をフルモデルチェンジ。

独立した2台の完全同一回路の

パワーアンプユニットを筐体の左右に配置して、

並列ドライブすることにより、

極めて低出力インピーダンスのパワーアンプを実現、

理想的なスピーカー駆動が可能となりました。

 

 

純A級動作、100W/8Ωのハイ・クオリティ・パワー

2台の完全同一回路のパワーアンプ・ユニットを並列駆動

出力段は『パワーMOSFET』20パラレル・プッシュプル構成、

1Ωの超低インピーダンスまでリニアなハイパワーを実現

入力部は、ダブル構成のインスツルメンテーション・アンプ方式を導入

増幅部に『Double MCS+回路』と『カレント・フィードバック増幅回路』を搭載

A-250を2台使用したブリッジ接続により、さらに出力の増強可能

高効率大型トロイダル・トランスと大容量フィルター・コンデンサーによる強力電源部。

 












CLASS-A STEREO POWER Amplifier 


Accuphase  A-75

希望小売価格:1,200,000円/税別




A-75は、A級モノラル・パワーアンプ A-250の開発で培った

テクノロジーを惜しみなく投入し、前モデルA-70の性能と音質を

大幅に向上させた最高峰のA級ステレオ・パワーアンプです。



優れた雑音特性のインスツルメンテーション・アンプを採用し、

信号経路にオペアンプを使わずディスクリート半導体で実現することで、

電源電圧の束縛から解放された回路は、

アキュフェーズのA級ステレオ・パワーアンプ歴代最高性能となる

SN比:122dB(ゲインMAX時)を達成しています。




大型トロイダル・トランスと100,000μFのフィルターコンデンサ2個を搭載した

強力な電源部や、優れた音質で定評のある「パワーMOSFET」を採用した

10パラレル・プッシュプル駆動のA級動作電力増幅段は、

1Ω付加までリニアなパワーを保証します。



480W/1Ω(音楽信号に限る)、240W/2Ω、120W/4Ω、60W/8Ω



出力回路に半導体リレーや



極太のエッジワイズ・コイルなど、

特性や信頼性に優れた部品を採用し、

基板のレイアウトやパターン技術を駆使することで

低インピーダンス化を果たした結果、A-70を大幅に上回る

ダンピング・ファクター:1000を達成しています。




電力は読みやすい数値で表現し、

電圧はアナログ・メーターのような雰囲気を醸し出すバーグラフで表示します。

スピーカー端子がショート又はショートに近い状態であることを検出すると、

ただちにスピーカー出力を遮断し、パワーアンプの発煙や発火を防ぐ

新たなプロテクション回路を搭載しています。



 














CLASS-A STEREO POWER Amplifier 


Accuphase  A-48

希望小売価格:680,000円/税別

W465×H211×W464mm、33kg

 

A-48は、

上級機A-75の開発で培ったテクノロジーを惜しみなく投入、

前モデルA-47の性能や音質を大幅に向上させた

純A級ステレオ・パワーアンプです。

 

A-48では信号経路を全てディスクリート回路で構成し、

信号入力部22dB、電力増幅部6dBという理想的なゲイン配分を実現、

SN比117dB(ゲインMAX時)を達成しました。

放熱効果の高い両サイドの大型ヒートシンクには、

パワーMOSFET 6パラレル・プッシュプル構成の

純A級動作による電力増幅部を搭載し、

45W/8Ω、90W/4Ω、180W/2Ω、360W/1Ω(音楽信号)の

リニアなパワーを達成しています。

 

さらに、ブリッジ接続に切り替えることで、

出力4倍の大出力モノフォニック・パワーアンプへの

アップグレードが可能です。

 

これらの動作は、

新規設計の高効率大型トロイダル・トランスと

60,000μFのフィルター・コンデンサーによる強力な電源部が支えます。

 

出力リレーの代わりに接点のないMOSFETスイッチなど

特性に優れ信頼性の高い部品を採用し、

部品のレイアウトや配線パターンを改善することで

出力インピーダンスを低減A-47の約30%アップとなる

ダンピング・ファクター:800を達成しました。

 

従来の保護回路に加え、

スピーカー端子のショート事故を未然に防ぐ新たな保護回路を搭載しました。

スピーカー出力に大きな電流が流れると、

スピーカー出力を遮断して発煙や発火を防ぎます。

 















 

純A級 ステレオ・パワーアンプ
A-36 希望小売価格
  \410,000(税別)[1台]





A-36は、
A-35をフルモデルチェンジ!


A-200、A-70の卓越したテクノロジーを継承して
ピュアクラスA ステレオ・パワーアンプとして誕生しました。



  • パワーMOS FET、3パラレル・プッシュプルにより、150W/1Ω(音楽信号)、120W/2Ω、60W/4Ω、30W/8Ωのリニア・パワーを実現。
  • 熱伝導に優れ防振効果の高い充填材を用いてケースに固着し、外部への影響を遮断した大型電源トランスと、47,000μF×2の大容量フィルター・コンデンサーによる強力電源部を構成。
  • 超低雑音インスツルメンテーション・アンプ構成と、さらに進化した「MCS+」回路搭載。
  • プロテクションに「半導体(MOSFET)スイッチ」を採用。 接点不良がなく長期信頼性に優れ、また音楽信号が機械的接点を通らないため一層の音質向上に寄与します。

  • アナログ式 パワーメーターを装備。
  • 残留ノイズも減少、4段階のゲインコントロール。

  • オペーレーションスイッチ切り替えで、ブリッジ接続、バイアンプ接続が可能。
  • ブリッジ接続により300W/2Ω(音楽信号)、240W/4Ω、120W/8Ωのモノラルアンプにアップグレード。

  • バイワイヤリング接続が可能な2組の大型スピーカー端子を装備。
  • 徹底した低インピーダンス化により、ダンピング・ファクター 400 を実現。 




  •  
     A-36 保証特性
    ※保証特性はEIA測定法RS−490に準ずる
    ●定格連続平均出力
    (20〜20,000Hz間)

     ステレオ仕様時(同時駆動)
      150W/ch  1Ω負荷(※音楽信号に限る)
      120W/ch  2Ω負荷
       60W/ch  4Ω負荷
       30W/ch  8Ω負荷
     モノラル仕様時 (ブリッジ接続)
    300W  2Ω負荷(※音楽信号に限る) 
      240W  4Ω負荷
      120W  8Ω負荷
    ●全高調波ひずみ率
    ステレオ仕様時
    0.05%   2Ω負荷
    0.03%   4〜16Ω負荷


    モノラル仕様時(ブリッジ)
    0.05%   4〜16Ω負荷


    ●IMひずみ率

    • 0.01%

    ●周波数特性
    定格連続平均出力時 :20〜20,000Hz +0/-0.2dB
    1W出力時 :0.5〜160,000Hz +0/-3.0dB
    ●ゲイン(利得) 28.0dB (GAINスイッチ:MAX時)
    ●ゲイン切替 MAX、−3dB、−6dB、−12dB 
    ●負荷インピーダンス
    ステレオ仕様時  2〜16Ω
    モノラル仕様時   4〜16Ω
    音楽信号に限り、ステレオ仕様時1Ωと
    モノラル仕様時2Ω負荷可能
    ●ダンピング・ファクター
    400

    ●入力感度(8Ω負荷)
     GAINスイッチ MAX時
    ステレオ仕様  
    0.62V

    0.11V


    定格連続平均出力(30W)時

    1W出力時
    モノラル仕様  
    1.23V

    0.11V
      


    定格連続平均出力(120W)時

    1W出力時

    ●入力インピーダンス
    バランス
    40kΩ
    アンバランス
    20kΩ
    ●S/N(A補正、入力ショート)
    112dB GAINスイッチ MAX
    120dB GAINスイッチ -12dB
    定格連続平均出力時
    ●出力メーター 対数圧縮型、表示消灯機能付、
    メーター感度切替(0dB、-20dB)
    -40dB〜+3dB(dB/%表示)
    ●電源
    AC100V  50/60Hz

    ●消費電力
    155W
    無入力時
    270W
    電気用品安全法
    200W
    8Ω定格出力時
    ●最大外形寸法
    幅465mm×高さ171mm×奥行425mm

    ●質量
    22.8kg