CH Precision



パワーアンプ


Power Amplifier
A 1

A1 Stereo: 希望小売価格 : \ 4,000,000 (税別)
アナログモノラル入力ボード×2、オーガニックオーディオ製電源ケーブル付属

A1 Mono: 希望小売価格 : \ 7,600,000 (税別)
アナログモノラル入力ボード×1/ペア、オーガニックオーディオ製電源ケーブル付属


<追加ボード(オプション)>

アナログ モノラル入力ボード×1枚
希望小売価格 : \ 200,000 (税別)



CALL!!  お問い合わせ先
電話番号:086-286-0036
<代表>
E-Mail:info@ac2.jp

営業時間:AM 10:00 〜 PM 7:00/水曜定休
《PM 7:00までにご来店の場合はPM 9:00まで延長可》



本機 A1は、
入力段は超低ノイズおよび過渡特性のために最適化された、
クラスAのフルディスクリート・ゼログローバルフィードバック設計。

そして出力段は、
超低ノイズドライバを採用した
クラスAのフルディスクリート構成。

これらの回路の安定動作の基本となる、
超大型トロイダルトランスを搭載し、
しかもチャンネル当り5ペアのバイポーラートランジスターと
温度検知用ダイオードなどで構成された、
クラスAB級動作回路です。

出力は8Ω負荷時100W+100W。
充実した電源部の効果により、
2Ω負荷時には300W+300Wの大出力を発揮します。

実用時には、
Aクラス動作領域が相当広いので、
発熱を伴いますが、
放熱機を露出させない本機の状態で
確実に安全動作します。


出力段には《CH Precision》独自の
技術が多数導入されています。

その一つは『A1』と
スピーカーのマッチングを最適化し、
お互いの性能を最高に発揮できるよう、
《CH Precision》が開発した、
グローバルフィードバックと
ローカルフィードバックとの
割合のプログラム化です。

優れたソフトウェアがゲインを自動調整することで、
フィードバック調整によるゲインのばらつきも完全に解消し、
システムの調整はまさに自由在です。



『A1』のリアパネル面には、
複数のアナログモノラル入力ボードが
挿入できるようになっています。

仮に1台の『A1』に対し
2基のモノラル入力ボードを挿入したとすれば、
これは基本的なステレオパワーアンプ、
すなわち前項で申し上げた、基本形の『A1』です。

これに対し、2台の『A1』を用意し、
それぞれにアナログモノラル入力ボード1基ずつを挿入すれば、
モノラルブリッジ・アンプモードを選択することができ、
各350W×1(8Ω時)を発揮する
モノラルアンプとして使用することができます。

あるいはまた、この状態での本機は、
モノラル・パッシブバイアンプモード100W×2(8Ω時)として
使用することも可能です。

この状態では、
例えばバイワイヤリング接続に対応した
スピーカーシステムと『A1』の各チャンネルを接続した場合、
それぞれのフィードバック調整を行うことができます。

またさらに2台の『A1』に、
それぞれアナログモノラル入力ボードを2基ずつ
挿入すれば(すなわち『A1』ステレオの状態)、
モノラルアクティブ・バイアンプモード100W×2(8Ω)として
使用することができ、
1台あたり2チャンネル分の
独立コントロールが可能になります。

したがって、例えば2ウェイのスピーカーを
マルチシステム構成している場合など、
それぞれのユニットに対して
『A1』の各チャンネルのフィードバック調整を
行うことができます。



各チャンネルの出力ゲインは、
±6dBの範囲で簡単に調整することができます。

また、スピーカーの温度や操作状況などを
常にモニタリングするため、
チャンネルごとに監視システムをそなえ、
緊急時には内蔵のファンが自動的に動作します。

信号経路にはコンデンサーはありません。
プレミアムグレードのコンポーネントが各所に使用されているほか、
4極ムンドルフ製コンデンサーや
アルジェントオーディオ製の内部配線や
スピーカーターミナルをはじめ、
世界の優れたパーツが
本機の性能を維持しています。



A1 Specifications

出力
ステレオ、パッシブ&
アクティブバイアンプモード
2×100W / 8Ohms
2×175W / 4Ohms
2×300W / 2Ohms
ブリッジモード 1×350W / 8Ohms
1×600W / 4Ohms
1×800W / 2Ohms
アナログ入力
シングルエンド入力 1×RCA
(Zin=47kOhms or 300Ohms)
バランス入力 1×XLR
(Zin=94kOhms; pin1=GND, pin2=+, pin3=-)
BNC入力 1×BNC(Zin=47kOhms or 300Ohms)
 
THD+N Less than 0.01% / 0.01%
(1kHz, 20Hz-20kHz, 50W, 8Ohms,
Stereo / Bridge Mode)
with 100% global feedback
SNR(A) Better than 115dB(Stereo Mode)
Better than 118dB(Bridge Mode)
Bandwidth DC to 450kHz(-3dB)at 1W
ディスプレイ アクティブマトリックス方式有機ELディスプレイ
消費電力(アイドリング時) <1W
消費電力(最大) 1200W
寸法・重量(最大寸法)
440mm(W)× 440mm(D)× 120mm(H)

43kg